ボルタレンは市販でも購入可能?

解熱鎮痛剤ボルタレンは炎症を抑えて熱を下げ痛みや腫れ、発赤などの症状を緩和させる効果をもたらします。
数ある解熱鎮痛剤の中でもボルタレンが特に優れているのが抗炎症作用で、有効成分ジクロフェナクナトリウムの働きによって市販薬では効果が得られにくいリウマチや重度の腰痛症による激痛の緩和に最適とされます。
炎症や発熱を抑えることで自然治癒力が高められ、回復のサポートに役立つ点もメリットの一つです。

ボルタレンの有効成分ジクロフェナクナトリウムは非常に優れた抗炎症作用を持っていますが、効き目の強さから錠剤と座薬は劇薬指定となっており、医師の処方が無ければ入手できません。
ジクロフェナクナトリウム配合の塗り薬や湿布薬は市販薬にも数多く利用されています。
ボルタレンは非ステロイド性抗炎症薬というグループの薬ですが同系統のほかの薬よりも特に高い効能を持ち、ジクロフェナクナトリウムが痛みの原因物質そのものの活動を阻害することで根本からの鎮痛が可能です。

ボルタレンが持つほかの解熱鎮痛剤よりも強力な抗炎症作用は、関節などに起こる炎症で深刻な痛みや腫れが生じるリウマチの対症療法に高い効果を発揮し、欠かせない痛み止めです。
重度の腰痛症や椎間板ヘルニアなどにも処方されますが、手術後や抜歯後の鎮痛や消炎にもボルタレンが有効性を発揮し、それほどの高い効果ゆえに常用には不向きで、痛みが続く期間を考えて期間限定で処方される薬です。

ボルタレンは服用し続けることで耐性がつくタイプの薬であるため、常用すると効能が薄れるばかりか副作用が出るリスクが高まります。
痛みを予防する薬ではないため、痛みが出そうだからと先に服用してしまうと痛みの度合いがわからないまま飲み過ぎる心配があります。
ボルタレンの成人一日当たりの服用限度量は100ミリグラムでそれを超えて飲み続けると胃腸に負担がかかり、ほかの副作用も出やすくなる心配が出て来てしまいます。

ボルタレンの入手は個人輸入

優れた抗炎症作用を持ち痛みの原因にアプローチして鎮痛作用をもたらすボルタレンは、有効成分ジクロフェナクナトリウムの強力な効能ゆえに錠剤や座薬は劇薬指定になっており、市販薬として街の薬局やドラッグストアで購入することはできません。
病院で診察を受け医師の処方を受けてから薬局で購入することが可能になりますが、痛み止めとしての高い効能で人気のボルタレンを病院へ行くことができない時などに購入する方法として、個人輸入代行の通販ショップを利用するという方法があります。

個人輸入代行サイトを利用する女性個人輸入代行の通販ショップではボルタレンをはじめ有効成分ジクロフェナクナトリウムが配合されたほかの薬を処方せん無しで購入することが可能になっています。
忙しくてすぐに病院へ行く時間が無い時やリウマチや腰の痛みが突然強まって外出もままならない時などに役立ちます。
市販薬としては入手できない高い効能を持つ薬も購入できるメリットがありますが、副作用などが出ないよう自分自身でしっかり対処する必要があるため、注意事項などの熟読と内容の把握が欠かせません。

ボルタレンは効能が非常に高いため、ほかの薬との飲み合わせにも細心の注意を払う必要があります。
ボルタレンとの飲み合わせが禁忌とされている薬は意外に多く、特に一部の利尿薬の併用は禁止されており降圧剤や抗血栓剤、抗真菌薬などのほか抗不安薬や抗うつ薬といった薬も禁忌とされています。
ほかの解熱鎮痛薬との併用ももちろん不可で、注意書きに記載されていない薬であっても持病で飲み続けている薬がある場合は医師に相談する必要があります。

個人輸入ショップから自分でボルタレンを購入すると長期間服用してしまうリスクも高まります。
ボルタレンは期間を決めて服用するべき強い薬であることをしっかり自覚して安心安全に服用を開始することが大切で、少しでも不安がある場合は必ず医師や薬剤師に相談して、服用中に何らかの異変を感じた場合はすぐに服用を止めて病院へ行くことも大切です。