セレコックスは腰痛に効果がある?その他の効果とは

腰痛はぎっくり腰やヘルニアなどから引き起こされることが少なくなく、痛みの度合いによっては日常生活に支障をきたすことがあります。
そのような時に鎮痛目的でセレコックスが使われることがあります。
セレコックスはセレコキシブを成分とした非ステロイド性消炎鎮痛剤のひとつであり、腰痛のみならず他の関節痛や手術後、外傷後、抜歯後の消炎鎮痛に有用な薬となっています。

セレコックスの効果についてですが、炎症を誘発して痛みや発熱をもたらすプロスタグランジンという物質が生成される際に必要となるいわゆる材料としてのシクロオキシゲナーゼ(COX)という物質をブロックすることによって、プロスタグランジンの生成が抑制されて炎症や痛みを抑える効果を発揮します。
なお、プロスタグランジン生成に必要なシクロオキシゲナーゼ(COX)にはCOX-1とCOX-2の2つのタイプがあり、COX-1は胃の粘膜保護作用に関与しており、COX-2は炎症や痛み、発熱に関与しています。
セレコックスはこの2つのタイプの中でCOX-2に対して選択的に作用することから、COX-2選択的阻害剤といわれています。

セレコックスの特徴はCOX-2に対して選択的に作用することから、胃の粘膜への負担が少なく使いやすいこと、またこのような作用機序で炎症を抑えることで解熱効果もあること、さらには消化管ポリープの悪化予防にも繋がる可能性があることなどが特徴となっています。

セレコックスの服用方法については、痛みなど症状の強さによって服用量が異なります。
例えば腰痛などがある場合には通常、1回1錠(100mg)を1日2回、朝夕食後に服用します。
そして、1日あたりの最大服用量は200mgを目安に服用します。手術後や痛みが非常に強い場合においては、1日あたりの最大服用量400mgを2回に分けて服用する場合があります。
なお、服用間隔は6時間以上あけることが推奨されています。

上記のようにセレコックスは消炎鎮痛や解熱効果があり、胃の粘膜への影響も少ないことから使いやすい薬である反面で、副作用が全くないというわけではありません。
セレコックスは副作用が少ない薬であるとされていますが、稀に冷汗や発疹、腹痛などの症状が現れることがあります。

セレコックスは保険適応される?

腰痛などによる痛みに対してセレコックスを服用するための入手方法については、医療用医薬品であることから、一般のストアなどでは市販されておらず病院での処方もしくはインターネットでの通販サイトなどから個人輸入する2通りの方法があります。
病院での処方については、セレコックスは鎮痛、解熱いずれの効果も併せ持っている薬ではあるものの、鎮痛目的での処方についてのみ保険適応となっています。
一方、通販サイトなどで個人輸入をする場合はこうした縛りによらず比較的手軽に入手することが可能ではありますが、基本的に保険適応でなく自費購入であることと、自己責任での購入ということになります。

これまでのことから、腰痛やその他の関節痛などに対してセレコックスはその消炎鎮痛効果から有用な薬であるといえます。
しかしながら、腰痛や関節痛をより改善させて予防へと繋げていくためにはセレコックスの適宜服用と予防法の併行が重要になります。

その予防法についてですが、腰痛や関節痛を引き起こさないためには日常生活において、適度の運動を取り入れていくことは有用です。
運動方法にはさまざまありますが、無理のない自分に合った方法で継続していくことが重要です。
例えば筋肉のストレッチや体操、筋力トレーニングなどの方法があります。特に腹筋や背筋を強くすることはヘルニア、腰痛の予防に繋がります。
ストレッチも筋肉を柔らかくして関節を動かしやすくすることで関節痛の軽減や予防にも繋がります。
また、日常生活での注意点として、関節を冷やさないことや重たい物を提げる際に腰や関節に過度の負担がかからないようにする必要があります。

このように痛みがあっても適宜セレコックスを服用しながら上記のような予防法を併行していくことで、痛みに対する改善の相乗効果を発揮し、そして腰痛や関節通の予防にも繋がっていく可能性が高くなります。